食べきりげんまんプロジェクト みんなで食べ残しをゼロにする約束

九都県市廃棄物問題検討委員会 (埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市・相模原市)

結果発表 食べきりげんまん フォト&ムービーコンテスト

  • フォト部門
  • ムービー部門
食べきりげんまんプロジェクトって何?
  • 日本の食品廃棄の驚くべき現状とは?

    日本では「食品ロス」(まだ食べられるのに捨てられている食べ物)が、年間632万トンも発生しています。これを日本人一人当たりに換算すると、なんと毎日お茶碗1杯分のご飯を捨てていることになるのです。だからこそ、「食べきりげんまんプロジェクト」を機に、この現状を見つめ直して食品ロスをみんなで削減しましょう!

    日本の食べ残し 年間632万トン
  • 食品ロスの発生場所の約半数は家庭?

    年間約632万トンにものぼる食品ロスの約半分は、一般家庭から発生しています。私たちはまず、日頃の暮らしの中で食品ロスに対する意識をしっかりと持ち、無駄をなくすことを実践していく必要があるのです。では、どうすれば食品ロスを削減できるのか?具体的なポイントを3つご紹介します。

    家庭における食品ロスの内訳
  • POINT 1

    食べきり料理にチャレンジ!

    食材の捨ててしまいがちな部分も、ひと工夫で残さず食べられます。たとえば、キャベツやブロッコリーの芯は、細かく刻めば硬さも気になりません。ニンジンの皮をむかずに調理すれば、手間も省けて一石二鳥。余った食材は、週末にまとめてお好み焼きにすれば、きれいサッパリなくなります。

    食べきり料理にチャレンジ!

  • POINT 2

    外食時も食べ残しを防ごう!

    外食の際、意外とボリュームが多かった、嫌いな食べ物が含まれていた…などの理由で食べきれない場合があります。注文前に確認することで食べ残しを減らせるので、しっかりとチェックしましょう。小盛りができるお店もあります。食べきれる分だけ注文しましょう。

    外食時も食べ残しを防ごう!

  • POINT 3

    買い物前に在庫のチェック!

    値段が安いからといって、食材を買い過ぎたり、まだ残っている同じ食材を再度買ってしまうのを防ぐために、買物前に食材の在庫確認をして、必要なものだけを買いましょう。さらに注意したいのが、食材の「消費期限」と「賞味期限」。「消費期限」は“食べても安全な期限”のため、それを過ぎたものは食べないほうが安全です。「賞味 期限」は“美味しく食べられる期限”であり、それを過ぎても食べられなくなるわけではありません。見た目や臭いなどで個別に判断しましょう。

    買い物前に在庫のチェック!

食べきり診断

Copyright (C) 2016 九都県市廃棄物問題検討委員会 All Rights Reserved.